Jul 20, 2019

FOR MEN

オンでもオフでも、お気に入りのアウターや羽織りものをヘビーユースしてしまうこの季節は、どうしても着こなしがマンネリ気味に。そんな時、ポイント使いとして取り入れやすいのが、トレンドをおさえたバッグの数々。コーディネートを格上げするのは持ちかた次第。リュックやトートをあえて手持ちにしてみたり、ショルダーを短めにつけたりと自分のスタイルを楽しんで。

SAC’S BAR Jean大人の遊びを感じさせる配色レザー

(右)2度に分けていねいに染色された、北米産のカラーレザーによるサコッシュバッグ。内側にはオリジナルの迷彩プリントを、外側には防水加工を施し、デザイン性と機能性を兼ね備えています。スタイルによってクラッチとショルダーを使い分けて。
(上)リバーシブルのトートバッグは、ブラックとカーキの2WAYタイプ。

CREDIT
(右)サコッシュ¥11,340[Master-Piece]、その他モデル私物
(上)トートバッグ¥37,800[IL BISONTE]
2F

SAC’S BAR Jean

097-513-1231

COLLECTORSクラス感ただよう上質素材のクラシカルバッグ

(右)伝統的なフィッシャーマンバッグを現代風にアレンジしたショルダーは、古き良きアメリカントラッドスタイルを彷彿させてくれます。
(上)1951年創業の老舗皮革メーカー「新喜皮革社」製の馬革による別注トートバッグ。牛革よりも軽く、柔らかいのがポイント。独特な光沢感が着こなしに華を与えてくれます。

CREDIT
(右)コレクターズ独占販売:ショルダーバッグ¥19,440[The Hill-Side]
(上)別注トートバッグ¥30,240[SLOW]、その他モデル私物
3F

COLLECTORS

097-534-8088

CIAOPANIC TYPYナイロンもスタイリッシュに決まるモノトーンカラー

(右)老舗ファクトリーブランドのリュックは、ミサンガがセットのため、アクセサリーとして使えたり、バッグのチャームにも使えたりと便利。リュックでも、モノトーンコーディネートならアーバンなスタイルに。
(上)ボストン、ショルダー、リュックとして使える3WAYバッグは、カジュアルでもスーツでも決まる1品。

CREDIT
(右)CIAOPANIC TYPY限定リュックサック¥6,372[CILOCALA]、ボアジャケット¥13,824[SIERRA DESIGNS×CIAOPANIC TYPY]、ロンT¥9,504[ORCIVAL]、パンツ¥6,372[CIAOPANIC TYPY]、キャンバスオールスター(ハイカット)¥6,480[CONVERSE]
(上)3WAYバッグ¥13,824[LIMONTA×小松精練×CIAOPANIC TYPY]
3F

CIAOPANIC TYPY

097-574-7233

RattleTrapアクセ感覚で使うビッグサイズ&ミニマムサイズ

(右)2つ折りにしてクラッチバッグとしても、持ち手を使って手提げバッグとしてもOKなアイテムはオフのスタイルで大活躍!トレンドのロングシャツにスキニーを合わせて、クラッチバッグをプラスすれば大人な雰囲気に。
(上)シンプルでスポーティな印象のブラックのバックパックは、オンオフ使える優れもの。

CREDIT
(右)2WAYバッグ¥5,389[glory crew]、ロングシャツ¥9,612、スキニーデニム¥8,532[以上、共にMIND BLOW]、シューズ¥16,200[RattleTrap]
(上)バックパック¥12,960[Healthknit PRODUCT]
3F

RattleTrap

097-578-9455

Instagram

僕らのおしゃれ術

BUNGO FASHION SNAP